スキー場で住み込みバイトをするメリット・デメリット

スキー場カップル

人気の高いリゾートバイトのひとつである「スキー場バイト」。

無料で生活ができるうえ、バイト時間外はスキーやスノーボードを楽しめるメリットは見逃せません。

その一方で、スキー場バイトをする際に気を付けなければならないことがあります。

ここでは、スキー場で住み込みバイトをするメリット・デメリットについて詳しくみていきます。

スキー場バイト特集ページ

スキー場バイト求人情報

スキー場の住み込みバイトの仕事とは?

スキー場の住み込みバイトには、さまざまな種類があります。

スキーやスノーボードのインストラクターは、時給の高さが大きな魅力です。
人に教えることが好きな人に向いているバイトでしょう。
高い知識・技術が要求される募集もますが、その分やりがいのあるバイトといえます。
中には、そんなに技術がもとめられないスキー・スノボ学校もあるようです。

リフトスタッフもポピュラーなスキー場バイトでしょう。
リフトを操作したり、乗車・降車の誘導や安全確認をしたりします。
募集人数が多く仕事内容が難しくないため、比較的容易に働くことができます。

ゲレンデ内のレストランも募集人数が多いです。
主にフードコート的な施設が多いので、仕事も覚えやすいです。

リフト券の販売も人気の職種です。
リフト券がICチップ型の場合は、回収作業も業務に含まれます。

パトロールスタッフは、スキーが得意な人に向いているでしょう。ケガをしたスキー客に応急処置を施すなど、責任ある仕事となっています。

他にも、ホテルやペンション、旅館などの宿泊施設や、道具やスキーウェアなどを貸し出すレンタルショップでもアルバイトが活躍しています。

スキー場で住み込みバイトをするメリット

スキー場 花火

スキー・スノーボードが好きな人や得意な人にとっては、スキー場バイトは非常にお得なバイトといえるでしょう。

ふだんなら自腹で支払う交通費や宿泊代などを住み込み先が負担してくれるのです。
リフト券も支給されますので、バイト時間外は無料でスキー・スノボーを楽しめることも大きな魅力でしょう。

お金をもらいながらウィンタースポーツの腕も磨けてしまうメリットは見逃せません。

友達と一緒に働くことができるのも魅力のひとつです。
シーズン中のスキー場ではアルバイトを大量募集しますので、友達同士で応募しても採用されやすくなっています。

住み込みバイトの場合、相部屋となることも多いため、毎日同じ部屋で寝泊まりすることで、バイト仲間とより親しくなることができます。
信頼関係を築ければ、アルバイトがもっと楽しくなるでしょう。

シーズン中はバイトが大勢いますので、仕事を通して素敵な恋人が見つかる可能性も高いです。
実際、新しい出会いを求めてスキー場バイトを選ぶ人も珍しくありません。

通常のアルバイトと違って、住む場所も働く場所も限定されるため、仲間と上手く付き合っていく必要からコミュニケーション能力を養えることもスキー場で住み込みバイトをするメリットのひとつでしょう。

スキー場で住み込みバイトをする際に注意すべきこと

滑走禁止

スキー場バイトは冬の雪山のなかで働くため、外はとても寒いです。
一方でホテルやレストランなど、勤務施設の中や寮は暖房が強めに効いていることが多いです。
寒暖差や乾燥などに気を付けましょう。

通勤にも気を付けましょう。
寮と勤務先は近くことがほとんどですが、雪道に慣れていない人はすべって転んで骨折したというケースもあるので、注意しましょう。

また、スキーやスノーボードが存分に楽しめるのが、スキー場でのアルバイトの魅力ですが、追突や転倒はもちろんのこと、ぜったいに滑走区域をすべったりするのはやめましょう。

最後に、一番大事なのは人間関係です。
職場も住居も共にするので、上手く周りの人と付き合うことが大事です。

スキー場バイト特集ページ

スキー場バイト求人情報

運営会社ビーグッドのこだわりはこちら

〔リゾートバイトMagazine〕
当サイト運営者とリゾートバイト体験者が執筆している、「リゾートバイト探しをお手伝いする」 ウエブマガジンです。

リゾートバイト.net TOP

スキー場バイト.com TOP