住み込みのバイトで貯金が出来る人と出来ない人の違いは〇〇!

住み込みの仕事の住居イメージ

住み込み求人の定番、リゾートバイト。

「リゾートバイトで○○円貯めることに成功!」など、リゾートバイトについて調べてみると貯金ができたという体験談を多く見かけます。
普段とは違った環境で一定期間集中して働き、貯金までできてしまう魅力的な住み込みバイト。
しかし、その一方で思ったよりも貯金できなかった……という声があるのも事実です。

住み込みのバイトで貯金ができる人とそうでない人。その違いはどこにあるのでしょうか?

住み込み求人検索はこちら

貯金への近道は情報から!事前準備と情報収集は必須

住み込み求人面接

住み込みバイトで貯金したいと思ったら、事前の準備と情報収集は必須です。

リゾート地での住み込みバイトという言葉から、北海道や沖縄で働くことをイメージするかもしれませんが、全国の観光地や温泉地で求人募集があります。

沖縄や北海道は時給が低めのところが多いので、その土地で仕事・生活がしたいと思っている方以外は、「貯金」のことを考えると、東北~九州の求人がおすすめです。

特に観光客が多く賑わっている、箱根(神奈川)、草津(群馬)、伊豆(静岡)、下呂、飛騨高山(岐阜)、白浜(和歌山)、有馬、城崎(兵庫)、宮島(広島)、由布院(大分)などは、人材獲得競争もはげしく、給与相場もよいことが多いです。

また、ペンション、海の家、スキー場、農家、牧場などよりも、リゾートホテルや旅館のほうがバイトの給与がよいことが多いです。

また、住み込みのリゾバというと、夏休みや冬のスキーシーズン、ゴールデンウィーク、年末年始などを想像する人も多いですが、1年を通して募集があります。

仕事探しのタイミングも気をつけたいところ。働きたいと思っても、すぐに希望を満たす仕事が見つかるかどうかわからないので、早めに情報を集めるようにしましょう。
貯金を目的として働くのであれば、時給の他に待遇も確認すべきポイントです。
交通費は往復分が支給されるのか、住み込みバイト特有の費用になる寮費・光熱費・食費の負担はしてもらえるのかなど、生活にかかる費用の負担者をチェックしましょう。

人材派遣や紹介会社に登録して仕事を紹介してもらった方が、こういった条件が良くなることが多いので、派遣会社を見てみるのもよいでしょう。

人間関係が重要に!貯金と付き合いを両立させよう

リゾートバイトへ出発

住み込みバイトでは、一定期間衣食住を共にして働く先輩や同期、後輩がいます。

一般的なバイトと比較して、寝食を共にする分その付き合いが濃厚になることは予想できますが、どのような人間関係を築いていったらよいのでしょうか。

まず絶対に言えることは、快適な環境を守るためにも絶対に敵を作らない、ということです。

毎日の挨拶や何かしてもらったらお礼を言う、こちらからも気を遣うようにする、という日常の心遣いはもちろんのこと、仕事を始めた当初は仲間内でのイベントや夜の飲み会、海水浴やスキー・スノボ、トレッキングなどのアクティビティなどにも積極的に顔を出してみましょう。

参加することで人となりを知ってもらい、良好な関係を築いていった方が後々の仕事を始め、住み込みバイトの生活全般が楽になります。
スタッフ間の人間関係ができてしまったあとで入りこむのはなかなか難しいので、最初が肝心です。

ただし、そういった付き合いも度が過ぎると貯金ができなくなってしまうので要注意。

リゾート地でお金を使うとこがあまりないとはいえ、毎日飲み会や遊びに参加したりすると、酒代、おつまみ代などで支出が増えてしまいます。
こういったことを防ぐために、人間関係ができてきた頃合いからは飲み会は週に○日まで参加する、など自分でルールを作ることが必要です。

また、最も基本的なことは仕事に真面目に、真摯に取り組むことです。
仕事で信頼される人は、どのような環境でも一目置かれる存在ですので、仕事に取り組む姿勢からも人となりを知ってもらいましょう。

もちろん、飲み会などに参加せず、友だちをつくることよりも、目標に向かって、まっしぐらの人もいます。

住み込みバイトなのに貯金ができない!?失敗例に学ぼう

基本的に生活費がかからず、お金を使うとしても近くに気軽に立ち寄れる遊び場がなく、コンビニも徒歩圏でないところも多いなど、お金を貯めやすい環境にあるリゾートバイト。

それでも貯金ができないのはどのような理由があるのでしょうか。

失敗した事例に学び、住み込みバイトで貯金をするにはどうしたらよいのか考えてみましょう。
最も初歩的な失敗は、そもそも時給が低い職場を選んでしまった場合です。北海道や沖縄、離島といった首都圏からの遠隔地では、低めの時給が設定されていることが多いのはすでにお伝えした通りです。
それでも人が集まるのはロケーションが魅力的だからです。

貯金を目的としている場合には、そもそもの時給設定が高めのエリアで、さらに、派遣会社などからの情報や口コミ、体験談などを参考に、仲居や調理関係といった高時給の職種や残業の多いリゾートバイト先を選ぶことが重要です。

毎日の過ごし方で散財してしまった、という事例もよく聞きます。飲み会が多い職場で、毎日飲み会に参加しているうちにいつの間にかお金を使ってしまっているというケースが多いようです。

仕事を始めたばかりのときは初期投資と割り切って参加し、人間関係が構築できてきたら参加する頻度を少なくするなど、自分でコントロールして出費を抑えるようにしましょう。
休日のたびに近くの都市に遊びに行き、、散在してしまったという事例やパチンコにハマってしまったなどの事例もあります。

せっかくのリゾートバイトですので、温泉や山登り、つり、海水浴、マリンスポーツ、スキー・スノボなど、比較的お金がかからなかったり、従業員の特典として無料でできるアクティビティなんかを、休日や休憩時間に楽しんでみてはどうでしょう。

参考記事
リゾートバイトはぶっちゃけどの位稼げるの?

住み込み求人検索はこちら

〔リゾートバイトMagazine〕
当サイト運営者とリゾートバイト体験者が執筆している、「リゾートバイト探しをお手伝いする」 ウエブマガジンです。

リゾートバイト.net TOP

住み込みジョブ TOP