(新潟県/越後湯沢)生涯忘れられない思い出になったリゾートバイト

新潟湯沢リゾートバイト

ビーグッド リゾートバイト体験記・口コミ情報

基本情報

名前:AGさん 女性

新潟県/越後湯沢 リゾートホテル

リゾートタイプ:山・高原 温泉 スキー場

職種:フロント

リゾートバイトをしようとしたキッカケは?

新潟湯沢リゾバ1

学生生活最後の夏を充実させたい、何か変わりたいと思ったから。
お金を稼ぐ事が第一前提でリゾートで楽しめるところに魅力を感じたから。

勤務日の1日の流れ

湯沢アルバイト1

6:45 起床

8:00 出勤 チェックイン&チェックアウト業務
8時から手続きができるので、チェックイン業務の基本としては滞在日数、
宿泊人数、などを確認して夕食の時間が4部に分かれているので時間決めや、
宿泊特典を渡したりします。15時からお部屋に入れるので、
15時のチェックイン時は鍵を渡すだけでスムーズに入れるようにします。
また、11時がメインにチェックアウトされるので、朝から事前精算をされる方
のレジ業務をします。

12:00 お昼休憩(20分仮眠)
食堂でお昼ご飯を食べてそのあと休憩室で仮眠してました。

13:00 勤務 チェックイン
午後からはチェックイン業務がメインとなります。午前に引き続きます。
15時からは鍵のお渡しをするメインフロントとサブフロントに分かれます。
サブフロントでは引き続き午前と同じ業務をしています。

17:00 退勤

17:15 ホテルで入浴
ホテルの温泉を利用していました。プールやジムを使うことも無料でした。

18:30 夕飯in食堂

19:30 帰宅

21:00 仮眠

25:00 清掃組が帰宅?みんなでリビングでおしゃべり

27:00 就寝

休日の過ごし方は?

湯沢バイト1

寮内でオフが被っている人たちで新潟観光をしました。

1回目のオフはレンタカーを借りて、美人林・津南ひまわり広場・恋人岬を観光しました。

2回目のオフは自分たちがフロント業務でも周辺の観光地を案内していて、
行って見たいところとして挙がったアルプの里へホテルから出ているシャトルバスを利用して行きました。

実際自分たちが観光した場所をお客様に提案して、興味を持ってもらえた時は嬉しかったです。

寮での生活&リゾートバイトを経験した感想は?

リゾートバイト新潟の寮
当初は一緒の施設に男女で住むことを聞いて驚きましたが、初日から温かく迎え入れられ仲良くなりました。

毎日、みんなが帰ってくるのが楽しみですおしゃべりして、夜更かしをする事が新潟生活での生きがいでした。
コンビニも近くになく、何もない環境の中で楽しめたのは寮のみんながいたからです。
人との繋がりの大切さ、人と話す事の面白さを改めて実感しました。

様々な環境で育ってきた人たちが集まり、個性が光っている寮でした。
一緒に洗濯物をしたり、時には停電もしました。
一緒に暮らす事で普段味わう事のできない生活の楽しさを感じながら過ごしたので、とてもあっという間な3週間でした。
寮のみんなで花火をした帰りに、寮の前でみんなで空を見上げました。

また、働く環境として社員の方もとても親切に教えて下さり、当初はフロント業務という事で不安を抱えていましたが、
終わってみると「とても活躍してくれたね、ありがとう。また冬も是非来てください」と仰って頂けました。
私の中で生涯忘れられない思い出に残るホテルに出会えました。
いつかまた泊まりに来てみたいです。

朝早くにフロントの制服姿で自転車を爆走しながら通勤した自然の
のどかな山道が忘れられないです。

★リゾートバイト体験談一覧★

リゾートバイト求人検索はこちら

甲信越・北陸エリアの求人検索はこちら

〔リゾートバイト Magazine〕
当サイト運営者とリゾートバイト体験者が執筆している、「リゾートバイト探しをお手伝いする」 ウエブマガジンです。

リゾートバイト.net TOP