住み込み求人 「リゾートバイトの寮・住居ってどんな感じ?」

住み込みの求人といえば、リゾートバイト!!

では、実際に泊まり込みで働くリゾバ求人には、どのような寮が用意されているのでしょうか。

これからリゾバを始める方には、仕事の内容だけでなく、寮などの生活面も気になるところだと思います。

ここでは、住み込みのリゾートバイトの寮を中心に解説します。

リゾートバイトの「寮」はどんな感じ? お金はかかるの?

リゾートホテル、旅館、ペンション、スキー場、農家、牧場などで働く「リゾートバイト」は寮・社宅に住み込みではたらくお仕事です。

施設により、寮の形態や部屋についている備品は様々ですが、寝具や冷暖房などの最低限の設備は整っているところがほとんどです。

最近では、バス・トイレ付きの1ルームタイプのきれいな寮も増えています。

派遣の求人では、寮費はほとんどのところは無料となっています。

リゾート施設の直接の求人や新築寮などのところは1部ですが、有料のところもあります。

寮費、さらに食事や水光熱費も無料のところが多いため、生活費がかからず、地元で働くよりも貯金がたくさん出来るのが、リゾートバイトの大きなメリットです。

例えば、月に20万円(手取金額)稼いだ場合、

【リゾートバイト】

20万円 – 0円〔生活費(家賃・食費・水光熱費)〕=20万円貯金!

【街バイト】(ひとり暮らし)

20万円 – 例.10万円〔生活費(家賃・食費・水光熱費)〕=10万円貯金

ひと月に10万円も差が出ます。

3か月働いたら、30万の差、1年では、なんと120万円も差が出ます!!

街のバイトで地元にいると、遊びや買い物の誘惑も多く、生活費だけでなく、いろいろお金を使ってしまうと思います。

海外旅行、ワーホリや留学、就学、車購入、免許取得など、目的がある方には、特におすすめのバイトです。

 

リゾートバイトの寮の部屋の感じは?

では、実際に住込みリゾートバイトの寮のタイプを見ていきましょう。

・個室(部屋のみ)

現在、一番多いタイプの寮の形態で、部屋のみ個人使用のタイプとなっています。

お風呂・トイレ・キッチンなどは共有スペースとなっています。

お風呂は施設の温泉に入れるところも多くあります。

大型の寮だと、中に従業員食堂や談話室などもあり、他のスタッフとの交流も盛んです。

 

・個室(バス・トイレ・キッチン付)

バス・トイレ・キッチンがついているひとり暮らし用のマンション・アパートの様なつくりです。

最近つくった寮や民間のアパートを借り上げている施設もあります。

・シェアルーム

複数人が1室に共同で生活をします。

2人~4人くらいまでの人数が多いです。

プライベートが保ちにくいですが、その分、他のスタッフと親密になることも多いです。

特に、スキー場や海の家は一定の時期に大人数を採用するため、相部屋のところが多いです。

また、夏休みシーズンも相部屋の求人が他のシーズンよりは多くなります。

リゾートバイトの寮の形態は?

・従業員専用単身寮

一番多い形です。

・従業員専用家族寮

夫婦や家族、カップルで入るための寮です。

・ホテル/旅館の客室

働く施設の使っていない客室などを利用する形です。

・民宿やリゾートマンションなどの部屋借り上げ

勤務先施設が民宿やマンションなどを借り上げているタイプです。

スキーシーズンや夏の季節営業の施設である形です。

・オーナー宅へ居候

小規模な農家や牧場などであるパターンでオーナー宅の1部屋を使用する形です。

リゾートバイトの寮についているものは?

寮の備品は勤務先により、様々ですので、事前に確認をおすすめします。

【代表的な寮の備品(施設による)】

・寝具(布団/ベッド)

ほとんどのところで用意されています。

・冷房/暖房
エアコン、扇風機、ヒーターなど

・WiFi(インターネット)環境
ワイファイ環境が整っているところも増えています。

・TV

・洗濯機/乾燥機
洗濯機は共同のところが多いです。

・冷蔵庫
冷蔵庫は部屋にあるところと共通で使うところもあります。

・キッチン
部屋にあると共通で利用するところなど様々です。

・トイレ

・お風呂
部屋についているところ、寮の大浴場を利用、ホテル、旅館など勤務先の温泉を利用など、さまざまです。

・駐車場
車持ち込みが不可のところもありますので、車で赴任したい方は事前に確認しましょう。

テッシュやトイレットペーパー、ごみ袋などの日用品やシャンプー、ボディソープ、食器類、タオル、ハンガー、洗濯用品、清掃道具などの個人で使用するものは、ご自分で用意するところがほとんどです。

荷物は事前に寮や勤務先施設へ送付ができるところがほとんどですが、

赴任時は、雑巾とゴミ袋、タオル、ティシュ、トイレットペーパーなどのすぐに使うものは少量でも手に持っていくことをおすすめします。

参考記事:リゾートバイト持ち物リスト

リゾートバイト持ち物リスト(PDF)

寮は、リゾートバイト選びの重要なポイントだと思います。

不明な点やこだわる条件などがあれば、求人を探すときに担当者に伝えましょう。

リゾートバイト求人検索

リゾートバイトを人気条件から探す

リゾートバイトを人気エリアから探す

運営会社ビーグッドのこだわりはこちら

〔リゾートバイトMagazine〕
当サイト運営者とリゾートバイト体験者が執筆している、「リゾートバイト探しをお手伝いする」 ウエブマガジンです。リアルな口コミ情報などをお届け!

リゾートバイト.net TOP

住み込みジョブ